練習帳@blog

これからは写真中心で行きたい

煙突掃除をしてもらった

薪ストーブを買ったお店の人に煙突掃除+一通りのメンテナンスをやってもらった。

  • やっぱり鳥の巣があった。鳥除けの網がなかったら大変なことになっていたかも。
  • 煤は結構ついていた。洗面器一杯くらい。
  • 煤は微粉末ではなく、光沢があって脆い塊だった
  • ↑のような煤は、乾いていない薪をあまり空気をいれずに燃やしたときにつきやすいとのこと。
    • 薪は前の年の春先に割ったものだったので少し乾燥が足りなかったらしい。
    • 新品のストーブにビビッて、あまり盛大に焚かなかったのが悪かったかも。
  • 煙突は屋根の構造のせいで、1mくらい曲げてあるのだがそこに煙突掃除ブラシのロッドが引っかかって、ロッドが抜けなくなった。

丁寧に掃除してもらって、ぴかぴかになったストーブを見ていると、焚きたくてうずうずしてくる。